水量が少ない場合に水道工事は必要か

蛇口をひねったところ、水道水の勢いがいつもよりも少ないといった悩みはないでしょうか。水量が悪いのは止水栓をきつく閉めてしまったなどの簡単な問題もあれば、水漏れなどの水のトラブルが原因というケースもあります。トラブルの場合、水道工事業者に修理を依頼しなければなりません。

■自分で調整できる場合も

水量の調整は場所によっては自分でできるかもしれません。混合水栓の中には調整機能のついているものがありますので、これなら自分で調整可能です。水洗の付け根に溝がついていますので、ここにマイナスドライバーを差し込んで回すことで調整できます。
シャワーの水量が不十分であれば、シャワーヘッドを交換することで問題解決できるかもしれません。そのほかには元栓の閉め方を確認しましょう。きつく閉まっているのなら、これを少し緩めることで水量を増やせます。

■水漏れの可能性も

勢いが弱くなったのは、どこかで水漏れを起こしている可能性もあります。もし水漏れが疑われる場合には、家の中のすべての蛇口を閉めます。
そして量水器のバルブも閉めましょう。これでもなお量水器が動いているのであれば、水漏れの可能性が極めて高いと判断できます。




■まとめ
混合水栓やシャワーヘッドの調整で済めばいいですが、もし水漏れが起きているのなら、早めに水道工事業者を呼んだ方がいいです。余計に水道を使っていることになり、高額な水道料金を支払うことになるケースもあります。自然に直るものではないので、業者に修理依頼するのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ