水道工事で口径変更する前の準備

水栓の数をもっと増やしたい、シャワーの水量が足りない、と思っている方におすすめの水道工事に口径変更があります。口径を広げることで水栓の同時使用が可能になりますし、シャワーの水量も増やせます。口径変更の水道工事を行う前に、現在のサイズを知る必要があります。

■既存の住宅であれば確認は簡単

既存の住宅の現在の口径をチェックするのは簡単です。水道メーターが設置されているはずですが、こちらのふたを見てみましょう。ここに水道に関するデータが記載されています。
毎月、料金のお知らせが届くでしょう。普段あまり注視していない人も多いかもしれませんが、実はこちらに口径に関する情報も書かれています。こちらで確認するのもおすすめです。

■これから建築する場合は水道局で

もしこれから住宅を建設しようと思っているのであれば、上記の方法では調べられません。この場合、水道を管轄している自治体の管理部門で確認することになります。
窓口に行って閲覧もしくは複写交付の手続きをします。電話やファックスなどでは教えてくれないので、直接行かなくてはいけません。この時不動産の位置のわかるものと身分証明書が必要になります。代理人を立てることも可能ですが、この場合委任状がさらに必要です。

■まとめ
シャワーの水量が十分でないなどの水のトラブルに悩んでいるのなら、口径変更の工事をするのも一考です。サイズを大きくすることも小さくすることも可能ですから、自分たちの事情に合わせてどちらがいいのか十分検討することです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ