給水管からの水漏れは水道工事業者に依頼して応急処置

住宅設備は徐々に老朽化が進んで、いろいろな支障が生じします。給水管もその中の一つで、長年使い続けていると劣化して水漏れが起こりやすくなります。この場合、速やかに水道 工事業者に連絡することです。また業者が駆けつける前にできる限りの対処をしておきましょう。

■とりあえず水を止める

水道工事業者に連絡したら、まず止水栓を止めましょう。水道メーターのところに取り付けられています。カバーを開けてメーターが見えると、文字盤の上の方に設置されているはずです。この栓を閉めることで、住宅の中のすべての水を止められます。
トイレで発生している場合は、給水管と壁の接合部分に止水栓が設置されています。マイナスドライバーでひねればトイレの水だけを止められますから、この方法を試しましょう。

■パッキンの劣化の場合

給水管の継ぎ目、水道の蛇口から水漏れを起こしている場合、パッキンの劣化が原因である可能性が高いです。
この場合、液体パッキンという商品が手元にあれば、応急処置が可能です。最初は液体ですが空気に触れると固まる性質があります。いざという時のために液体パッキンを準備しておくと、初期対応がスムーズです。


■まとめ
給水管の水漏れは、そのままにしていると範囲が拡大してしまいます。床や壁の腐食や階下の天井の漏れなど、二次災害も起こしかねません。水漏れに気づいたのであれば、とりあえず止水栓を止めて、水道工事業者に連絡して、スタッフに急行してもらうように心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ